停滞期とは、体重が急に減らなくなる時期のことを言います。

停滞期に突入するタイミングは人によって様々ですが、多くの人がダイエット開始から2週間〜1ヶ月の間に停滞期を迎えています。

また、体重の5%に値する体重が減った場合に起こるとも言われています。

例えば体重が60kgの人なら、3kg減った57kgの時がそのタイミングです。

せっかくダイエットを頑張っているのに体重が変わらないとモチベーションも下がってしまいますよね。

でも、停滞期を乗り越えればその先もっと痩せる時期が必ず訪れるのでここは踏ん張りどきです。

今回は停滞期が起こる理由と、停滞期を上手に乗り切るための過ごし方、停滞期から一刻も早く脱出する秘訣をテーマにお届けします。

 

停滞期はなぜ起こるの?

停滞期はなぜ起こるの?

停滞期とは、私たち人間の「ダイエットをしたい」という意志と、体側の「生命を維持したい」という意志のミスマッチにより起こる反応です。

この反応は、人間の体に本来備わっている『ホメオスタシス』というもので、人間が生きるために必要不可欠な働きをしています。

ダイエットをすると食事量が減りますよね。

食事量が減るとその分、摂取カロリーも減ります。

体がこのような急な変化に対して「どうして?前はもっと食べていたのに…このままじゃマズイよ」と危機感を覚えSOSサインを出す時期があるのです。

この時期のことを停滞期といい、これ以上体重が落ちないように省エネモードの体に切り替わります。

省エネモードになるということは同じカロリーを摂取しても燃えにくくなるのでダイエット効果が出にくくなるというわけです。

 

停滞期を上手に乗り切るための過ごし方は?

停滞期を上手に乗り切るための過ごし方は?

停滞期は、体重に変化がなく自暴自棄になりやすい時期です。

この時期を上手く乗り切るためには、停滞期である状況を受け入れて現状維持を心がけることが何よりも大事です。

食事以外の楽しみを見つけて体重の変化に一喜一憂しないようにしましょう。

体重や食べ物を記録しておくのも効果的です。

 

停滞期から一刻も早く脱出するにはどうしたらいい?

停滞期から一刻も早く脱出するにはどうしたらいい?

停滞期は通常2週間〜1ヶ月で終わると言われています。

この間も通常通りのダイエットを続けながら、週1回好きなものを好きなだけ食べる日を設けると効果的です。

「そんなことしたらリバウンドしないかな?」と心配になりますが、毎日でなければ大丈夫です。

停滞期は体が飢餓状態に陥っていると脳が勘違いするため起こります。

週1回多く食べる日を設ければ脳が「栄養不足ではないんだ」と勘違いを起こしてくれるので、停滞期から抜け出しやすくなると言われています。

脳をうまく騙すことも大事なんですね。

 

ダイエットで必ず訪れる停滞期を乗り切る秘策とは?まとめ

ダイエットで必ず訪れる停滞期を乗り切る秘策とは?

ダイエットを行うものの宿命とも言われている停滞期は、体重の減少が見込めず辛い時期です。

 

しかしこの働きがあるからこそ、私たちは健康でいられるのです。

 

停滞期の仕組みを知り、心が安定していれば停滞期にドカ食いをしてリバウンドという最悪のシナリオは避けられるはずです。

 

最後に、停滞期を早く抜け出すには「栄養をきちんと摂取している」と脳を騙すのも効果的です。

 

週1日好きなものを好きなだけ食べる日を設けてみてください。

 

コンブチャクレンズで1食置き換えていれば、後の2食はしっかりめに好きなものを食べても心配いりません。










★どれが良いか迷っているならこちら!★
コンブチャランキング







★コンブチャクレンズ公式サイト!★


★コンブッカ公式サイト★
ハーブアブソリュートコンブッカ