コンブッカやコンブチャクレンズは授乳中や産後に飲んでも問題ない?

コンブチャクレンズコンブッカ産後

 

コンブッカやコンブチャクレンズは授乳中や産後に飲んでも問題ないのでしょうか?

 

妊娠中は、食べたものがお腹の中の胎児に影響を与えるので食べるものには注意が必要です。

 

お酒に含まれるアルコールや、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインなどは、赤ちゃんには分解する力が備わっていないために悪影響を与える可能性があります。

 

一般的には妊娠中には、なるべく摂取しない方が良いとされています。

 

アルコールを飲むことで母乳の出が悪くなったり、カフェインは、覚醒作用で夜泣きをしてしまう可能性もあります。

 

コンブチャクレンズには、カフェインも含まれていないですし、アルコールも入っていないので産後の授乳中でも問題なく飲むことができます!

 

コンブッカにはカフェインが微量ながら含まれているので、妊娠中や授乳中の方にはコンブチャクレンズが良いでしょう!

 

産後の栄養補給にもコンブチャは向いています!便秘を治したり、産後のダイエットにもぴったりです!

コンブチャ栄養補給便秘解消

コンブチャ(コンブチャクレンズ)は、産後の栄養補給にも向いています!様々な栄養素を含むコンブチャに含まれる栄養素が母乳となって赤ちゃんまで届けることが出来れば、赤ちゃんの成長にも役に立つでしょう!

 

産後のホルモンバランスを崩した状態を回復させるために必要な、葉酸やビタミンB群などを簡単に摂取できるのがコンブチャなのです!

 

妊娠後期には大きく成長した赤ちゃんに子宮を圧迫されるために、便秘になってしまう人が多いです。出産した後もお通じが悪くなってしまう人が多いですが、コンブチャクレンズを飲むことで、酵母菌が生きたまま腸に届いて腸内環境を整えてくれます。

 

産後の減量問題にも効果を発揮するのがコンブチャです!

産後の減量 コンブチャ

無事に出産は乗り越えたけれど、体重はなかなか減らすことが難しいという方も多いと思います。

 

運動なども出来ずに代謝が落ちてしまった身体でなかなかすぐに体重を減らすというのは難しいものです。

 

赤ちゃんを産んだ後に、胎盤が6kg程度、赤ちゃんんが3kg程度で9kgは体重が落ちるのですが、出産までには最低でも10~12kg位増えているので、3kg位は体重が増えたままなのです。

 

ダイエットをしたい気持ちがあっても、赤ちゃんへ母乳で栄養を送るためにしっかりと食べないといけないです。そのためなかなかダイエットが出来ずに体重が減らないという事になります。

 

そんな時にも効果を発揮するのが、コンブチャです!

 

カイエンペッパーや金時しょうがが脂肪を燃焼して、体を燃焼させるような状態に持っていてくれます。

 

コンブチャは、産後のダイエットにも効果的と言えますね!

 

妊娠中にコンブチャクレンズやコンブッカを飲んでも大丈夫?

コンブッカ コンブチャクレンズ 妊婦

妊娠中にコンブチャクレンズやコンブッカを飲んでも大丈夫なのでしょうか?

妊娠すると自分の子供のためにも食べるものを気を遣うのは当たり前のことですよね!

特に危険なものは入っていないと思っている方が多いと思いますが、実際にはどうなのでしょうか?

コンブチャクレンズは無添加でノンカフェインで妊婦にも安心!血液上昇を抑えたり、便秘にも良いです!

コンブッカ コンブチャクレンズ 無添加

コンブチャクレンズは、合成甘味料、ブドウ糖、増粘剤、合成着色料、グルテン、合成アミノ酸ですべて無添加です。そのため妊婦でも安心して飲むことが出来ます。

妊婦は体重が増えすぎたり、減りすぎたりすると胎児に影響があるためあまり良くありません、体重をコントロールをするためにダイエットとしても活躍するのがコンブチャです。

無添加でアルコールフリーで低カロリーなのでダイエット効果が高いです。産後にダイエットする場合にも向いていますね。

カフェインも入っていないのでカルシウム摂取を阻害や鉄分の吸収を妨げることもありません。

そもそも妊婦の方がカフェインを大量摂取すると、肝臓でろ過できずにカフェインが退治まで送られてしまいます。

肝臓がまだ発達していない胎児には大きな負担になってしまうので注意が必要です。

コンブチャクレンズに含まれる、オーガニックアベガが血圧の上昇を抑制するので、高齢出産などによる血圧の上昇抑えてくれます。

コンブチャクレンズに、2種類の酵母菌と5兆個の乳酸菌が含まれていて、それが直接腸にまで届くことで便秘解消効果があります!薬が飲めない妊婦の方の便秘問題を解決します!

 

コンブチャクレンズ成分

コンブチャクレンズ成分

果実類

アサイー、アセロラ、アムラの実、あんず、パパイア、ぶどう、マンゴー、みかん、洋なし、りんご、クダモノトケイソウ、レモンイチイの実、イチジク、いちご、ウメ、オレンジ、カムカム、カリン、キウイフルーツ、キンカン、グレープフルーツ、スターフルーツ、ドライプルーン、パイナップル、バナナ、

根菜類

大根、人参、さつまいも、赤カブ、ヤーコン、ヤマイモ、ラッキョウごぼう、れんこん、マンジョカ(キャッサバ)、

穀物類

とうもろこし、ハッショウマメ、小豆、エジプト豆(ひよこ豆)、えんどう豆、胡麻、ブラジル豆、大麦、大豆、パラナッツ、カシューナッツ、黒ブラジル豆、玄米、ポップコーン、紫ブラジル豆、ライ麦、レンズ豆

 

葉菜類

キャベツ、ほんれん草、アスパラガス、ねぎ、白菜、パセリ、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜、シソ、セロリ、たまねぎ、チンゲン菜、ニラ、にんにく、モヤシ、モロヘイヤ、レタス

きのこ類

椎茸、えのき茸、しめじ、まいたけ

 

果菜類

きゅうり、ゴーヤ、すいか、アボガド、オクラ、かぼちゃ、トマト、なす、ピーマン

海藻類

わかめ、昆布、のり、

 

野草類

アカメシワ、アマチャヅル、カルケージャ、キキョウ根、キダチアロエ、キャッツクロー、グアバの実、グアバ葉、クコ葉、クコの実、カマサザ、熊柳、クロモジ、桑の葉、コウベマンテイガ(青菜)、紅参、高麗人参、サラシア、ドクダミ、トゥルシー、トチュウ葉、ナツメ、ナルコユリ、ナンテンの葉、ニッケイ、ニンドウ、アマドコロ、イチジク葉、イチョウ葉、イボナシツヅラフジ、ウコン、ウラジロガシ、エゾウコギ、エンメイソウ、オオバコ、オトギリソウ、カキドウシ、柿の葉、カジュツ、カツアバ、ガナラ種子、サンザシ、シャペウデコウロ、ショウガ、スギナ、セッコウボク、田七人参、トウガラシ、ハコベ、ハスの葉、パタ・デ・ヴァガ、ハトムギ、パフィア、ハブソウ、ビワ葉、ピカオプレト、プーアル茶、ペドラ・ウメカ、松の葉、アガリスク、メグスリの木、ムイアプアマ、綿美、モモの葉、センカクソウ、センシンレン、大根草、オーツ麦、タラの根、ツボクサ、つゆ草、ツルナ、テコマ、ヨモギ、ラカンカ、霊芝、レンセンソウ

 

ハーブ類

ダンデリオン、バジル、ベニバナ、アイブライト、アーティチョーク、アニス、アルファルファ、スペアミント、西洋ニンジンボク、タラゴン、ペパーミント、ケツメイシ、エキナセア、エルダーフラワー、オリーブ、カモマイル・ジャーマン、クローブ、ゴツコーラ、サマーセーボリー、シナモン、ジュニパーベリー、ステビア、マーシュマロウ、マテ・グリーン、マリーゴールド、マロウブルー、ミレット、メドゥスイート、ユーカリ、ラズベリーリーフ、ラベンダー、リコリス、リンデンウッド、ルイボス、レモングラス、レモンバーベナ、チコリ、ネトル、ハイビスカス、パッションフラワー、ヒース、フィーバーフュー、フェンネル、レモンバーム、ローズバッズピンク、ローズヒップ、ローズマリー、ワイルドストロベリー

 

糖類

砂糖、てんさい糖、オリゴ糖、黒糖、ハチミツ

 

コンブッカ成分

ぶどう糖果糖液糖、ガラクトオリゴ糖液糖、玄米麹粉末、マンガン含有酵母、イソマルトオリゴ糖、エリスリトール、紅茶エキス、難消化デキストリン、亜鉛含有酵母、クロム含有酵母、モリブデン含有酵母、セレン含有酵母、トレハロース、クエン酸、香料、環状オリゴ糖、保存料(安息香酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸ブチル)、デキストリン、植物発酵エキス(果実類、野菜類、野草類、海草類、キノコ類を含む)、乳酸菌(殺菌)、クエン酸ナトリウム、緑茶抽出物、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6(原材料の一部に乳、オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、カシューナッツ、大豆、やまいも、りんご、ゴマを含む) 

 

コンブチャクレンズに含まれる葉酸に注目!葉酸の効果効能とは?!

コンブチャクレンズは、燃焼&排出をサポートしてくれる2種類の酵母菌や200種類以上の酵素を含み栄養価の高い酵素ドリンクとして知られています。

実はあまり知られていませんがコンブチャクレンズには葉酸も入っているんです。

今回は妊婦さんを中心に、女性が積極的に摂る成分である葉酸の効果や効能についてお伝えします。

またコンブチャクレンズは妊活中の女性、妊婦さん、授乳中のママ、産後のママでも安心して飲むことができる理由をご紹介します。

コンブチャクレンズ葉酸

葉酸の効果効能とは?!

葉酸は妊娠中の女性が積極的に摂る必要があるということは皆さんもご存知だと思います。

葉酸は水溶性ビタミンB群で、赤ちゃんの細胞を作る際に必要な成分だと言われています。

妊婦さんに葉酸が不足すると、本人には貧血の症状が出たり流産のリスクが高まるなど危険があります。

また、赤ちゃんには神経管閉鎖障害・二分脊椎症・無脳症などの障害が出る恐れがあるので注意が必要です。

欧米では『禁酒・禁煙・葉酸』というように妊娠を希望している女性は早い段階から葉酸を摂ることを意識して生活していますが、日本人女性は妊娠前から葉酸を摂るよう意識している人は少ないようです。

しかし、葉酸は妊娠中の女性だけでなく全ての女性が積極的に摂るべき成分で不妊の原因になる排卵障害を予防してくれる効果もあるんですよ。

 

コンブチャクレンズは妊婦さんや授乳中ママでも安心

コンブチャクレンズ

女性に優しい成分の葉酸を含んでいるコンブチャクレンズは、妊婦さんや授乳中ママでも安心して飲むことができる商品です。

コンブチャクレンズは、薬ではなく清涼飲料水(ジュース)なので飲んでも大丈夫です。

特に妊娠初期のつわりの症状があると食事を摂るのは辛いですよね。

そんな時にも「コンブチャクレンズならスムーズに飲むことができた」という妊婦さんもいます。

準備するのに時間もかからず、手軽に栄養をしっかり摂れるのでオススメです。

また、つわりが治まったら今度は食べ過ぎてしまって体重がオーバー気味という人も体重コントロールにコンブチャクレンズを取り入れるとダイエットもスムーズにできますよ。

また、赤ちゃんが生まれてから産後はダイエットにピッタリの時期です。

そのまま何もしないと太ったままになってしまいます。

山田優さんも産後ダイエットにコンブチャクレンズを飲んで体重を戻したそうです。

赤ちゃんでも飲むことができるぐらい安心・安全な成分なので授乳中に飲んでも大丈夫です。

つまり、妊娠前から出産後までずっと飲むことができる商品というわけです。

 

コンブチャクレンズに含まれる葉酸に注目!葉酸の効果効能とは?!まとめ

コンブチャクレンズ葉酸

 

 

コンブチャの妊娠中、授乳中の摂取についてのまとめ

妊娠中や授乳中にコンブチャを飲みたいと思っている場合には、コンブチャクレンズが良いですね!

コンブッカにはカフェインが含まれているのでやめておいた方が良いです。

自家製のコンブチャは、カビなどが生えたり食当たりなどを起こす可能性もあるので控えた方が良いかもしれませんね。

コンブチャに含まれている葉酸は、妊婦さんだけでなく妊娠を希望する女性に必須の成分であることもお伝えしました。

でも、妊娠中や授乳中に飲めないのでは意味がありませんよね。

でもコンブチャクレンズは安心・安全に商品を作っているので妊婦さんも授乳中のママも、そしてなんと赤ちゃんも飲んでも大丈夫なんです。

コンブチャクレンズはダイエットをしながら健康的に妊娠・出産を楽しみたいという女性にもピッタリです。










★どれが良いか迷っているならこちら!★
コンブチャランキング







★コンブチャクレンズ公式サイト!★


★コンブッカ公式サイト★
ハーブアブソリュートコンブッカ