コンブチャ(紅茶キノコ)は危険?それとも安全なのでしょうか?副作用はあるの?

 

紅茶キノココンブチャ安全危険副作用

 

コンブチャは、紅茶に含まれるタンニン、カフェイン、糖分をエサに発酵した酢酸飲料で、紅茶キノコ本体(マザー/スコビー)は酢酸菌が作ったセルロース(食物繊維)で出来ています。

 

紅茶キノコゲル状

 

ごく微量にアルコールを含み、マザーに酵母や細菌が存在しているため発酵することでゲル状の物質になります。

 

紅茶キノコの実はアルカリ性食品ですっぱいので酸性食品だと思われがちです。

酢酸は体内でクエン酸に変化するのでアルカリ性になるのです。

 

成分的には全く問題がなく、副作用があるようなものでもありません!

但し、自分でコンブチャを作る場合には、衛生面での懸念もあります。

 

手作り 紅茶キノコ 衛生面

 

菌を育てていくことになるので、自分で作るには注意が必要になってきます。どうしても自分で作ってみたいという方には、自家製のコンブチャを作るキッドも売っていますので、そちらを購入すると良いかもしれないです。

 

>>自家製コンブチャの作り方とは材料とは?

 










★どれが良いか迷っているならこちら!★
コンブチャランキング







★コンブチャクレンズ公式サイト!★


★コンブッカ公式サイト★
ハーブアブソリュートコンブッカ