コンブチャクレンズトラブルまとめ!その対処法とは?

 

コンブチャクレンズには何かトラブルがあるのでしょうか?

 

今回はコンブチャクレンズに関する危険や実態を調査しています。

 

合成甘味料・着色料・アルコール・グルテンフリーで赤ちゃんでも飲めるというコンブチャクレンズを飲んでトラブルがあるとすればどのようなものが考えられるのか、

 

またその対処法についても合わせてご紹介します。

 

コンブチャクレンズのトラブルとして考えられるのは2つあります。どちらも体に関することなので、しっかり御確認くださいね。

 

①食物アレルギーの副作用

酵素の成分は200種類以上の原材料から抽出しているので、原材料が体質に合っていない場合は食物アレルギーの症状が現れる場合があります。

 

特に注意すべきなのはりんご・キウイフルーツ・オレンジ・バナナなどの果物類、やまいも、カシューナッツ、大豆などです。

 

これらの成分にアレルギーがある人は含有量自体が少なくても口にしない方がベストです。もしも症状が出た場合は、速やかにお医者さんにかかりましょう。

 

②好転反応が辛い

体内に毒素がたくさん溜まっている人は、好転反応が強く出てそれらの症状に苦しむことが予想されます。私も2〜3週目に好転反応がありました。

 

好転反応というのは、デトックスの過程で体にある老廃物を排出するために体が変化しようとしているサインです。

 

頭痛や吐き気、倦怠感や微熱、胃腸症状など人により症状は様々ですが風邪に似た症状の全てを好転反応というのだそうです。もしそうかなと思ったら、水分をたくさん取ると回復が早くなります。

 

まとめ

コンブチャクレンズのトラブルとして起こりうることは、食物アレルギーの副作用と好転反応です。

 

好転反応は体質改善のために必要なことですが、食物アレルギーの副作用の場合は直ちに飲むのを中止しましょう。

 

あらかじめ成分にアレルギーがある人は飲まないようにしてくださいね。

 

コンブチャクレンズ飲み過ぎは良くない?適切な摂取量とは?

 

 

コンブチャクレンズは健康やダイエットにいいのなら「たくさん飲んで早く効果を出そう」という風に考える人もいるでしょう。

 

しかし、どんなに健康にいいものでもダイエットに効果的なものでも過剰摂取は良くありません。今回はコンブチャクレンズの適切な摂取量はどのぐらいなのかをご紹介します。

 

コンブチャクレンズの適切な摂取量について

 

コンブチャクレンズは、多く飲めばいいというわけではありません。1日の摂取目安量は30mlです。

 

この量を守って飲むようにしましょう。

 

多少量を減らしたり、増やしたりする分には問題はないので1ヶ月ぐらいで1本を飲みきるというのが理想的です。

 

コンブチャクレンズを過剰摂取した場合、効果が強く出すぎてしまいます。

 

例えば、下痢や吐き気など胃腸に症状が出るという人が多いようなのでご注意ください。

 

まとめ

コンブチャクレンズは、多く飲めば効くというものではありません。

 

1日の摂取目安量は30mlなのでその容量を守って飲むようにしてくださいね。

 

過剰摂取をした場合は、下痢や吐き気などの胃腸症状が出る可能性もあるので自己判断での増量は危険です。

 

何事もほどほどが大事です。

 

一気に大量に飲むという飲み方ではなく、毎日コツコツと30mlを飲み続けていくというのを頭に入れておいてくださいね。










★どれが良いか迷っているならこちら!★
コンブチャランキング







★コンブチャクレンズ公式サイト!★


★コンブッカ公式サイト★
ハーブアブソリュートコンブッカ