※「夜ご飯は食べない」で太っちゃう?ダイエットの肝は夜の過ごし方にあり。

 

夜に食事や睡眠を正しくしっかりとることで「痩せやすいカラダ」つくりをすることができます。

 

夜食べると太りそうだからと言って食べないでいると逆に痩せにくいカラダになってしまうこともあります。

 

その理由は、空腹を我慢し続けると栄養が足りないと脳が察知して、カラダが脂肪を蓄えようとして太りやすくなるという仕組みです。

 

また、空腹を我慢した分、間食が止まらなくなったり、その反動で夜中にドカ喰いに走ってしまう恐れがあります。

 

これらの危険要素を避けるためにも、ダイエット中の夜ご飯はダイエットの大切な要素といえます。

 

※夜ご飯は体内時計を上手に利用して「睡眠ダイエット」につなげよう

 

夜ご飯の最適な時間は体内時計と大きく関わるといわれています。

 

体内時計を上手く利用し、質の良い睡眠をとることで同じカロリーの食事をとっても脂肪が溜まりにくくなります。

 

ここでポイントとなるのは、体内時計を左右する2つの成分の働きです。

 

「メラトニン」と「BMAL1(ビーマルワン)」です。

 

メラトニンは神経ホルモンの1つで、体内時計に自然な眠りを促す「睡眠ホルモン」です。

 

メラトニンは眠りを誘ったり、抗酸化作用により細胞の新陳代謝を促したり、疲労回復の働きなど病気の予防や老化防止に効果を持つホルモンです。

 

深部体温を下げて自然な眠りを誘うため、代謝が低下し脂肪がたまりやすくなります。

 

メラトニンの働きで睡眠状態に入ると成長ホルモンの分泌が始まります。

 

成長ホルモンがスムーズに分泌されると睡眠中のエネルギーが消費量がアップし、脂肪分解作用が活発になります。

 

成長ホルモンはダイエット効果を高める強い味方です。

 

胃の中に食べものが多く残っていると成長ホルモンが十分に分泌されなくなります。

 

メラトニンが分泌されている時間帯は起床後14〜16時間。

 

成長ホルモンのピークは夜10時〜深夜2時です。

 

これらの効果をダイエットに活かす為には、朝6時に起床なら19時までに食事を終わらせるのが最適です。

 

ビーマル1は細胞のなかにあるタンパク質のひとつで、時計遺伝子です。

 

時間帯によってビーマル1が体内に分泌される量が変化します。

 

ビーマル1が少ない時間帯ほど脂肪を溜め込みにくく、多い時間帯は通常の20~50倍も脂肪を溜め込んでしまうことが分かっています。

 

起床後から14時間までは低め、起床後7時間が最も少なく、起床後15時間から急激に上がり起床後20時間後はピークとなります。

 

朝6時に起床し、ビーマル1の分泌が少ないうちに夜ご飯を食べるには20時までに食事を終わらせるのが最適です。

 

これらの身体のサイクルはよく耳にする「睡眠3時間前までに夜ご飯」の理由のひとつと言われています。

 

※さらなる睡眠ダイエット効果を高める秘策

 

睡眠中の代謝に関わる成長ホルモン、メラトニン、ビーマル1は全てタンパク質、アミノ酸が材料となっています。

 

夜ご飯は低脂肪なタンパク質を摂取して、これらの働きを活性させるとより効果的です。

 

また、睡眠中に腸内環境を整えて翌朝の排出を促す為にも、乳酸菌や酢酸菌、酵母菌などの菌類や食物繊維を夜ご飯で摂るのが効果的です。

忙しくて自炊が難しい方や職場の付き合いなどにおすすめなのが「コンブチャクレンズ」!

 

忙しくて自炊が難しい方や職場の付き合いで夜ご飯となると、毎日これらの補給を続ける自信が無いというかたも。

 

そういう方は、アミノ酸や酵素、菌類などのサプリメントを毎日に取り入れるのもおすすめです。

 

サプリメントはカロリーの心配をしなくても良いのでダイエットとしても健康面でも効果が期待できます。

 

特におすすめなのが、「コンブチャクレンズ」という酵素ドリンクです。

 

コンブチャクレンズは紅茶キノコに、酵母菌や乳酸菌、酢酸菌、キノコ、200種類以上の酵素やアミノ酸、スーパーフードの作用が凝縮された発酵飲料です。

 

夜に摂りたい栄養素が全部揃っているので、色々と買い揃える必要がなく効率的といえます。

 

コンブチャクレンズに含まれる酵母菌、ミネラル、アミノ酸などが「燃焼」をサポートし、乳酸菌や食物繊維などの栄養成分が「排出」をうながすことで基礎代謝を上げるよう作用します。

 

お忙しいかたにおすすめしたい理由が他にもあります。

 

ストレスはダイエット、健康、美容に悪影響を及ぼす原因のひとつです。

 

コンブチャクレンズの人気の理由はただ痩せ体質に近付けるだけではなく、健康的なダイエットへのこだわりです。

 

主な原材料にはオーガニックのスーパーフードが種類多く使用され、摂りにくいミネラル、ビタミンが豊富にふくまれています。

 

ビタミンは抗酸化作用が高く、ストレスによるカラダへの悪影響を軽減させてくれる作用があります。

 

ダイエット中の課題であるイライラや栄養バランスを崩してボロボロを感じにくくなり、免疫力の向上も期待できます。

 

フルーティーなマンゴー味なので、夜ご飯後に小腹がすいたときに炭酸水で割って飲むと、満足度と満腹感が得られます。

 

ダイエットは毎日の継続が大切とわかっていても、現実的に睡眠時間の確保や理想的な食事がとれないという方は身体のなかからコンブチャクレンズでサポートしてみてはいかがでしょうか?

 

 










★どれが良いか迷っているならこちら!★
コンブチャランキング







★コンブチャクレンズ公式サイト!★


★コンブッカ公式サイト★
ハーブアブソリュートコンブッカ